BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石発掘
4月から小学校に入学する息子から、「お父、化石を掘りに行こう」。
とせがまれています。化石とは、そう、太古に生きた恐竜の化石のことで、息子曰く、「タルボサウルスとかティラノサウルスとか」だそうです。
去年の春休みのことですが、恐竜博(東京国立科学博物館)に連れて行った時から興味を持ち始めたらしく、恐竜図鑑を毎日眺めています。今では、私よりも遥かに詳しく、その恐竜が生きた時代まで言い当てます。
また甲虫王者ムシキングのゲームに続き、恐竜キングのゲームが流行っているらしくてその影響も大きいようです。

何十年も前に友人と市郊外の山畑で、バラバラになった縄文式土器を拾い集めた経験はあるのですが、さすがに化石は・・・。ここ掘れワンワンで出てくるわけもなく、難しい問題であります。

先ずは情報収集、市博物館にでも行ってこようか。

スポンサーサイト
講習会
3月30日~31日と東京で行われる製パン講習会に行ってきます。
フランスMOF(マスター)による実技講習会で、製パンと焼き菓子を二日間に渡りその技術や味を勉強してまいります。

製パン実技アイテムは勿論、フランスのパン4点と焼き菓子4点が予定されています。

地元長岡のお客様に喜んで頂けるように勉強してきます。久しぶりの東京なのでワクワクします。


ビールを使ったパンを試作します
先日の講習会での一品を試作します。
ビールを使ったライ麦パンです。ライ麦パンのイメージはずっしりと重いというのが一般的です。
これから試作するこのパンは、軽くて食べやすく(個人的な感性です)、がしかしライ麦パン特有のサワー風味がしっかりと香る個人的に大好きな味のパンです。

ライ麦パンが好きなお客様にはおすすめの味ですし、あまり食べた事の無いお客様でも食感が軽いので意外と美味しくいただけるのではないかと思っています。

来週後半には試作が出来上がる予定です。
モーツァルトを聴かせながらつくります。モーツァルト効果で美味しくなりますよ。

つぶやき
野球人生を演じる名優
こんな考え方をしてみました。
もしもイチロー選手がシーズン中の「クール」なイチロー選手であったなら、WBCで日本チームは、果して優勝出来たか。

元来、人は、大なり小なり二面性を持っているものだと思います。勿論、イチロー選手も。
「クール」と「無邪気」を持ち合わせたイチロー選手は、何故かこの時、「無邪気な野球少年」を演じました。純粋に!
その「無邪気さ」は、日本チームへ大きくプラスに作用したように思います。
日本プロ野球スター対メジャー・イチロー。大きな垣根です。垣根を取り除くには、イチロー選手自ら、溶け込まなければならないと感じたのかもしれません。

各国が、選りすぐりの選手を集めたチームであります。大体、このようなチーム環境になると、一つにまとまらないのが実情のようです。

イチロー選手が意識的にであれ、純粋にであれ、「無邪気な野球少年」を演じた事は結果的に、日本チームを世界一に導いた大きな原動力となった事は疑いの無い事実です。

イチロー選手のファンならば誰もが思い出したことでしょう。デビュー当時のイチローを!

美味しい魚
昨晩、美味しい焼魚を頂きました。今が旬の鰊(にしん)。魚好きにはたまらない一品です。
頭から尻尾の先、骨までぺろり。日本に生まれてよかった、と感じる瞬間です。
親は勿論、娘も息子も魚好きで、今日は旬の鰹、そしてサーモンのお刺身。酢を利かせたご飯でお寿司風にして頂きました。

さて、焼き魚を食べる時に欠かせないのが炊き立てご飯。我が家では、自家精米機を使い実家の佐渡から頂いたお米を5分挽きにして頂いています。
5分挽きは、自家精米機を使い始めた頃からの習慣で、特にこれと言った意味があったわけでもありませんが我が家の慣れ親しんだ味となっております。香ばしくてとても美味しいと思います。
いずれも美味しいもの同士、美味しいお魚と美味しいご飯、どちらが主役? お互い引き立てあうというか・・・そう
私には一心同体、どちらも欠かせない主役同士であります。

パン屋がいう話ではありませんが、欧米諸国では日本人がよく言う‘主食‘なる言葉はありません。強いて言えば主食はお肉でしょう。パンではないのです。

けれど、共通している事は、どちらも欠かせない大切なパートナーということです。

先日新潟出張の折、古町で‘船べた‘と言う名のお魚のお造りを頂きました。船底にべたっとくっつく魚だから船べた。西新潟の人しか知らないお魚だそうで、白身魚で平目に似た味でした。このとき魚のパートナーはサッポロ黒ラベルビールでした。

どちらも主役、パートナー同士お互い引き立てあうことは、人間社会にも共通している事ではないでしょうか。

講習会
15日水曜日、製粉会社が主催するパン講習会が新潟のエプロン(専門学校)でありました。
今回の講師は、JPB(ジャパンプロフェッショナルベーカーズ友の会)顧問の中澤氏。
中澤氏は、私たちベーカーの大先輩であり、昨年11月に(財)日本食生活文化財団より食生活文化賞パン部門で栄誉ある金賞を受賞された方です。

残念ながら私は、講習会には出席出来ませんでしたが、私もJPB会員ですのでせめてご挨拶だけでもと思い、会場まで足を運びました。

レシピと焼き上がったパンは、さすがと思うものばかり。特に黒ビールを使ったロッゲンブロートは、私の遊び心をくすぐるような深い味と斬新なレシピでした。

是非、黒ビールを使ったこのパンを商品にしてみたい!早速準備開始。

中澤氏並びに主催された日東製粉さま、ありがとうございました。

3月のパン教室
3月中旬とは思えない降雪になりましたね。今日はパン教室でした。
真冬に逆戻りの天候の中、遠くは柏崎より2名、総勢8名様のご出席で開催しました。(キャンセル4名)

本日はフルーツデニッシュをつくりました。
涼しい季節、寒い季節につくりやすいデニッシュです。ご家庭でも是非挑戦してみてくださいね!
DSC00645.jpg

DSC00651.jpg


モーンクーヘン

1月から始めたモーンクーヘン(ドイツ菓子)が人気商品になっています。

当初は季節商品として、3月までの販売を考えておりましたが、レギュラー商品としてワールドカップドイツ大会までの販売に期間延長予定です。

まだ食べていない方、是非ご賞味してください。結構はまる味です。1個157円で販売中。

明日は、パン教室です。今回はデニッシュをつくります。計7名の少人数でしたので、ゆとりある教室になることでしょう。

つぶやき
商売と土地柄
「郷に入っては郷に従え」。その土地の風俗や習慣に従って生活するのが一番よい。(国語辞典)とあります。私もまったくその通りだと思います。
さて、これは食に携わる私の不満?なのかも知れませんが、市内を見渡すと人口の割に手づくりベーカリーが極端に少ないように思います。(スーパー等のインストアベーカリーを除き)同じ事が、各種専門店(主に食)にも言えそうです。
これは私の考え方ですが、手づくりベーカリーはたくさんあったほうが良いと思います。同様に各種専門店も。勿論当店の隣は避けて欲しいのですが。

今でも、知り合いに「おまえのとこのパンはスーパーのパンと比べて高い」と言われる事があります。これは比較対象にするお店が著しく少ないせいか、中堅規模のベーカリーシェアが大きい、あるいはスーパーのシェアが圧倒的な強さがある長岡市の土地柄なのかもしれません。
当店も含めて数少ない市内のベーカリーの価格は、他市のベーカリーと比較しても安めの設定だと思います。

手づくりベーカリーが増える事は、お客様にとってとても良いことですし、私たちにとっても競争が生まれ様々な技術やサービスを向上させなければならない緊張感や義務感が生じます。結果、お客様も私たちもランクアップしていけるのではと考えています。
これはあくまで私の考え方ですが。

それにしてもスーパーのシェアが強すぎるー。
頑張ろう専門店!

これも土地柄のせいなのか、ラーメン屋さんとパチンコ屋さんと居酒屋さんは全国屈指の数だとか?

ニュー シューズ
習慣となっているランニングは、昨年12月以降市民体育館で週2、3回のペースで続けています。
晴天が続き、そろそろ信濃川縁を走りたい気分。雪も消えたしね。

今日は、買ったばかりのニューシューズで7キロ走。ナイキのランニングシューズは私のお気に入りで走り始めた頃からのお付き合い。
おニューのシューズも勿論ナイキ。ホワイトカラーのメッシュ仕立て。とても軽くて、いつもよりスピードが出ていました。気分も上々。

晴天とはいえまだまだ外気は冷たい季節、来週後半から久しぶりの信濃川ランニングを始める予定です。

ジェットエンジン
Bスイーツがオープンして2度目のホワイトデーを迎えようとしています。オープンから今まで厳しい状況が続いていますが、明るい兆しも見え隠れしていて、Bスイーツにとって今年が正念場と考えています。

人は誰でもジェットエンジンを搭載しているものと私は信じています。ジェットエンジンとは、伸びる力、成長する力の意のことです。それは一度着火すると、スーパースピードで空高くぶっ飛ぶ力。

お客様に喜んで頂けるお菓子を真心込めて一所懸命につくり続けること。これさえ忘れなければきっと近い将来、お店としてやっていけると確信しています。
経営がへたくそですので、どうやったらジェットエンジンに着火出来るのか?わかりません。これからも色々とチャレンジしていかねばと考えています。

月曜日は娘の卒業式でした。4月から高校生、親ばかでもない私でも、喜びと幸福感でいっぱいになりました。が、皮肉にも月曜日は厳しい月の支払日でした。
喜びを味わう一方で、何かを我慢しなければならない。これが人生なのかもしれませんね。

去年の今日はスローフード・スローライフ展でした。
そういやぁ去年の今頃、新潟市の朱鷺メッセでスローフード・スローライフ展に出展していました。どのくらい新潟長岡間を往復したことでしょう。金、土、日曜日と韋駄天走で商品の補充をしてもお客様の数に圧倒され続け、最終日の日曜日は午前11時にはパンが完売、補充する球も尽き果てました。ワンサワンサと人ごみが増える中、早々に撤収準備に取りかかっていました。体力も尽き果て・・・。

スローフードがテーマですので、ボントーンは、自家製自然種2種類を使った欧風トラディショナルパンをメインで販売しました。

一番人気の高かったパンは、フランスレーズンブレッド。これはボントーンでも良く売れるパンで、三日間、当店ブースにこのフランスレーズンをお求めになるお客さまがおりました。予想通り。
次が、ラ・ムール・ライ・フレークス。これは以外でした。当店ではあまり動かなかったパンでしたので。(現在ではリピーターを中心として根強い人気のパンになっております)
場所が違えば売れ筋もちがうものですね。

そんな事を思い出し、桃の節句をむかえております。
今年はスローフード展あるのかしら?

欧風ハースブレッドを新たなアイテムに
最近は、新製品というと菓子ばかりにウエイトがおかれていましたが、久しぶりに欧風ハースブレッド(ヨーロッパの直焼きパン)のアイテムも増やしたいなと思っております。
勿論、菓子の新製品も引き続き季節ごとに、ご紹介をしていきます。

長年に渡りサワー種を使ったトラディショナルパン(フランスパンやドイツパン等)をご紹介してきた甲斐があり、仕込み数が徐々に増え、それでも完売となる日が続いています。
ボントーンの得意としているアイテムですし、より力を入れようかと思っております。
この手のアイテムは、技術が無いとつくれないパンですし、つくれたとしても柔らかいパンに慣れている私たち日本人ですので力を入れてもなかなか売れないのが現実です。
しかし幸運な事にボントーンでは売れているアイテムになっています。フランスパンや、ドイツパンといったパンは、商圏が広くなり遠くからこのパンを求めて来るようです。
誠に有難いことです。

さて、ドイツにしようかそれともフランスにしようか。

店長のつぶやき
フランス研修の案内状
毎年、親しくさせて頂いているフードコンサルタント会社が企画する、ヨーロッパ研修旅行の案内状が届きました。
今年はフランス。食の街リヨン 地中海の陽光まばゆいニース そして花の都パリ。
食に携わる私としてリヨンは是非とも行ってみたいところ。世界に冠たるフランス料理の有名レストランが競う街で有名ですよね。本場のジビエ料理が食べたーい!

そもそもレストランとは?日本語で「元気が出るスープ」の意味らしいそうです。フランス革命後、宮廷を離れた宮廷お抱えシェフがパリ市内に世界第一号レストラン(元気が出るスープ)を名乗り商売を始めたそうで、当時はスープとパンがメインのとてもシンプルなメニューだったそうです。庶民が豊かさを獲得していくにつれ現在のフランス料理に至っているとのこと。

とても行きたい旅ですが、様々な諸事情がある時です。楽しみは先にとっておきましょう。

ブレッツェルがレギュラー商品になりました。
今まで週末用でつくっていたブレッツェルがレギュラー商品となりました。
予想を上回る人気にびっくりしています。先ず一つ買ってくださったお客様のリピートが多いそうで、予約が入るまの人気商品になっています。
正直なところ長岡という土地柄を考えると、こんなに早く売れるようになるとは思っていませんでした。(全国のパン屋さんでもあまりつくられていないパンですので)

このパンは先のブログでもご紹介しましたが、ドイツやオーストリーでは大変ポピュラーなパンでして、私が訪れたことのあるミュンヘン(ドイツ)はビールの町、そうそう昔サッポロビールのコマーシャルで{ミュンヘン、サッポロ、ミルウォーキー、本場の味、サッポロビールー。♪ ♪ ♯}。古いか!?そのミュンヘン、季節はちょうど世界的に有名なオクトバーフェスト(ミュンヘンビール祭り)真っ只中でした。どデカイジョッキにブレッツェル!これがミュンヘンの食べ方!

アルカリ水溶液に、しっかり浸して焼き上げる独特な製法を用いてつくられるドイツ伝統のパンです。独特な褐色肌は見た目よりとても柔らかく、もっちりとした食感、かと思えば歯ごたえのある部位とブレッツェル特有の香り。

私の娘や息子の一番パンになっています。これから季節が暖かくなるにつれて、ビールのおつまみに欠かせない!まして今年は、ワールドカップドイツ大会、頑張れ日本!
皆様、ブレッツェル(ドイツをたべて)日本を応援しよう!ブレッツェルは1個84円です。ガーリック味は105円です。どちらも是非ともご賞味あれ。

ビール党の私はドイツビールが大好き!ミュンヘンのビールはアルコール度数が高い!
腕っ節の強い職人気質の街ですから、ビールも酵母が生きていないと呑んだ気分にならんとか・・・。