BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しはやい年賀状
ボントーン並びにBスイーツをご利用頂きました、たくさんのお客様へ。

一年間誠に有難うございました。お客様の美味しい顔、励ましの言葉を沢山頂戴しました。
あと少しで新しい年を迎えます。皆様にとって幸多い年になりますように。
DSC00150.jpg


スポンサーサイト
走る
冬本番となった今日は、さすがに外は走れません。市民体育館で約40分走ってきました。毎度の事ながら、走っている最中は苦しくて、苦しくてたまりません。しかし走った後の爽快感がたまらないのです。
だからやめられないし、私の場合程よい肉体疲労感は明日のパワーと化します。
明日が今年最後の開館となります。もうひとっ走りして今年の走り収めとしましょう。

テレビ
年末になると特別番組を各局放送しています。正直いって年末番組は大嫌い!な私。(とは言え、ほとんどテレビ番組を見ない私ではありますが)。
こんな時は、昔のビデオをほじくりかえして、「マイ ホビー time」となります。最近では、ボクシングビデオ。
私にとって永遠のヒーローである!「ロベルトデュラン」のビデオを立て続けに観ました。中学校1年生の時から現在までのナンバーワンヒーロー!勿論、これからもヒーローであり続けるでしょう。
ロベルトデュランと言ってもほとんどの方はピンとこないでしょうが、ボクシングファンならば必ず知っている現代の名ボクサーであります。
「すごい」の一言!最近のボクシング界ではなかなか出てこない「何ともいえない空気と天性の素質を持ち合わせた類まれな存在」。
昨晩観戦したビデオは「1978年2月のWBA WBC統一世界タイトルマッチ、ロベルトデュラン対エステバン デ ヘスス戦」。ゾクッとくるねー!
そうそう、
日本人では、具志堅用高!。先日、具志堅のDVDを注文したばかり。世界初挑戦のファングスマン戦から15度の世界戦が収めてあるもの。「喉から手が出る」とはこんな事を言うのでしょうね。かきあつめた五千円奮発しました!

正月は、ボクシング三昧といきましょうか。
写真はロベルトデュラン対エステバンデヘススの世界統一戦!12ラウンドに決着。デュランの右カウンターでヘススがダウンした写真です。
20061227221459.jpg

ボクシングマガジン1978年3月号写真を編集したものです。

ごめんなさーい。パンとはぜんぜんかけ離れているお話でした。

ドーコンディショナー
ボントーンにとって無くてはならない器械の一つ、ドーコンディショナーが壊れてしまいました。
ドーコンディショナーとは、パンの生地管理が出来る醗酵室のことです。7年目にして始めての大手術が本日行われます。とても繊細な機械なだけに無事に生還して欲しい。
まだまだ行けるぞ!

貴重な定休日でしたが、今日も工場を離れられなくなりました。
メリークリスマス
12月24日はどこのお店もごった返していることでしょう。
ボントーンでも欧風ブレッド(バゲット、カンパーニュ、セイグル70
ライフレークス等)が年間で一番売れる日です。焼けたと思いきや完売、嬉しい悲鳴です。
夕食に「パン」を食べるご家庭は少ないと思います。
が、この日は特別のようですし、少しばかり他の家族の夕食風景を見てみたいものです。いったいパンをどのようなお料理と合わせて食べているのかを。
ちなみに我が家の本日献立は、トマトチャウダーだそうです。
パンに合いそうです。

ここ三日間忙しくて、一日一食しか食べていなかったので、食の欲求不満も本日解消出来そうです。

では、頂いてきます。
メリークリスマス!

写真はクリストシュトーレン。今年も沢山つくりました。
200612031106000.jpg


リマッチ
亀田選手とランダエタ選手のリターンマッチが先日行われました。
第1ラウンド、亀田選手のスーパースピードには正直びっくりしました。「この勝負、亀田の勝ちだな」と予想。
案の定、ラウンドを追うごとに亀田選手のヒットアンドアウェイに対しランダエタ選手は、試合をコントロールできなくなりました。
両者共に決定打は無かったけれど、試合をスピードでコントロールした亀田選手の勝利に終わり、判定でもユナニマスデシジョン(3対0)の完勝でした。
伸び盛り、若い力の勝利といっていいのでしょう。

しかし亀田選手、果たしてこのクラスで今後戦っていけるのか心配です。年齢や体格からしてベストウエイトとはいい難い。相当苦労して体を絞っていることは誰の眼からもはっきりと見て取れます。彼のベストは2ランク上のバンタムウエイトではないかと思います。
いずれは上げざるを得なくなる日が来ることでしょうが、階級が上がれば上がるほど世界の壁は高くなります。
黄金のバンタムで戦う亀田選手を是非観てみたいものです。
(正直言って、弱いアゴが心配になります。)
亀田選手の話ついでに、

70年代から80年代のボクシング界は、その名を歴史に刻む偉大な世界チャンピオンが大勢いた時代でした。
日本では、フライウエイトの大場や具志堅。海外では、ライトウエイトのロベルトデュランやチャベス。ウエルターウエイトではレナードやハーンズ、クエバス。ミドルウエイトは、マービンハグラー。
いずれも歴史的に最強と言っても過言ではない、本物のボクサー達です。

もしも亀田選手が、当時のバンタムウエイトのカルロスサラテやアルフォンソサモラといった選手と一緒の時代、同じクラスだとしたら?

世界チャンピオンの数が多い現在のボクシング界、亀田選手はキングオブキングを目指すべきかと思います。
誰が見ても「本当に強い」亀田を観てみたいものです。

トランスファット
先日、フジテレビ「特ダネ」で、トランス脂肪酸に関する特集がありました。私共のブログでもご紹介したことがありますが、このトランス脂肪酸なるもの。アメリカ合衆国では今後、食品添加物として表示が義務付けされるというものです。
そもそもトランス脂肪酸とは、マーガリンやショートニング、オリーブ油等、加工する工程で生まれてしまう脂肪酸のことです。
自然界に無い分子構造で、人的には悪玉とされ、肥満を誘発させ、心臓病等その他の病気を引き起こすであろうというもの。
諸外国では、(特に欧米)では、脂肪を取りすぎていることもあり肥満人口がべらぼうに多いという社会問題があります。
そんな事で、表示義務が今後一般的になりそうです。
日本国内でも、今以上に肥満人口が増えると何らかの開示が義務付けられる事があるかもしれませんね。
皮肉なもので、動物性油脂(フレッシュバター)より健康的だとされ作られてきたマーガリンがね・・・。

今後、日本でもこのトランス脂肪酸は、徐々に話題となっていく事でしょうね。
ちなみにバターのほうが、カロリー低いのですよ。健康的ですし。
日本では、バターが高価でマーガリンが安価という逆転現象らしいです。


クリスマス2006
クリスマス商品ご予約受け賜ります。
店内で配布中です。

夫婦
森田公一の歌で(夫婦)という歌があります。仲間同士でカラオケに行くと皆で歌うすき歌です。
♪家に帰れば妻がいる。当たり前だがうれしいね。そしても一人ガキがいる。出来は悪いがオレの子だ。♪
先日、(三日)は妻の誕生日でした。結婚生活も長くなると、お互いの誕生日も気づかぬまま過ぎてしまい、後になってから「誕生日おめでとうでした」となります。自分の歳さえ忘れてしまうのに・・・。当然のことながら、誕生日プレゼントもここ数年あるわけなく・・・。

考えてみると私は、妻に足を向けて眠れないのです。仕事も含めてどれくらいフォローしてもらっていることか!顔色一つ変えずに(二言三言はありますが)。とても感謝しています。
様々な面で苦労をかけっぱなしの私ですが、どうかこれからも宜しくね。

そんなことで、休みにお寿司屋さんで、ランチしてきました。美味しいお寿司でした。結局帰りに開けた財布は妻の財布でした。ご馳走様でした。

♪あああー男ってやつは、愛の歌が上手くないー。夫婦、夫婦、甘くーて切ないねー。あいつーが愛しい夜だから買って帰ろう花いちりん♪

クリストシュトーレン
初雪になりました。寒い朝なのにたくさんのお客様がボントーンにパンを買いに来て下さいます。本当に有り難いことです。
頑張らねば!
さて、
いよいよ12月、毎年恒例のクリストシュトーレンも陳列されました。
薄くスライスして、一切れ一切れ食べながら、クリスマスの夜を指折り数えて食べるドイツ伝統の発酵菓子です。
材料はとても贅沢!アーモンドを主体に、ラム漬けドライフルーツが{これでもか}というくらい使われます。スパイシーな風味と味わい深いクラム(内層)は、日を追うごとに熟成という変化をもたらせます。
個人的にとても好きなお菓子の一つです。
お一つ1575円(税込み)と、とても高価なお菓子です。
「とても高いから、サイズを小さくして欲しいのですが」。お客様からご提案を頂く事があります。しかし、このシュトーレン、サイズを小さくすると味わいもそっけもない、美味しくない味に仕上がってしまいます。同じ生地なのに不思議ですね。多分、オーブンでの火どおりが影響するのだと思います。このお菓子は、大きいサイズのほうがより美味しいのです。(ギネス級はいかがなものか?)
従いまして、当店では現在のサイズでおつくりしております。(本場では小さいサイズです)。
ともあれ、
最近では、お客様のほうから「何時から販売するの」?と聞かれるようになりました。
ボントーンでは、12月いっぱい販売予定です。
そうです。日本人には(お正月)もありますから!


200612031106000.jpg

クリストシュトーレンです。