BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さくてもきらっと光るお店
新潟に昨秋オープンしたばかりのベーカリーを視て来ました。
駐車場スペースでおよそ30~40台くらい収容できる郊外型ベーカリーです。建物もビッグ!
駐車場はもとより、店内のお客の数に圧倒されました。増してスタッフの人数の多さにも。レジスペースはぐっと広く、4台のレジが並んでいました。カフェも広く併設されていて、とにかく圧倒されました。
同時に思った事は、これだけの設備投資と大勢のスタッフを抱えて運転していく事は、大変だろうなーッと言うことでした。
我を振り返ると、
性格上、大勢のスタッフを抱えて店を営むことは私には出来ませんし、自分自身が思い描いている店舗とは、まるで畑違いの同業者ということになります。

ボントーンが今後どのようなお店づくりをしていくかといったらば、
「小さくてもキラッと光る輝くお店」を目指していくということです。


スポンサーサイト
2007年パン教室第一回目はピッツァでした!
昨晩、何やら明日(本日)のパン教室への不安があり予定より一時間ほど早くパン工房に入りました。これが功を奏しました。
早朝から、予定もしていない取引業者さんから突然のお電話や、納品、取引の確認決済等、その他色々とあっという間に時が過ぎ、押せ押せ・・・。冷や汗をタラタラたらしながら、教室の準備を済ませることが出来ました。

本日の内容は、ピッツァ!。僕の大好きな。
以外に、パン教室で取り上げたのは今回が初めてでした。(過去、4回親と子のピザパーティーを開きました)。

ご参加頂いた皆さんには、是非とも愛するご主人、奥様、お子様、{愛人?}につくって欲しいものです。
写真はパン教室昼食風景です。

070130_1156~0001.jpg


070130_1156~0002.jpg

珍しく男性のご参加がお二人!うれしー!
具志堅さん来る
元世界チャンプ具志堅さんが新潟にやって来ます。
私が中学生の時、サイン会が大和だったかでありまして、
サインを頂きました。ついでに握手、2ショットの写真を。
今でも、私の一番アイドルです。
本日お会いできれば、20数年ぶりになります。
独り言
ここ数年のことですが、材料の値上げが頻繁になってきています。
お隣の中国やインドといった国が急激に成長し、豊かになりつつあります。豊かになると、あれだけの人口規模の国ですので、物流の中心は日本を通り越して大陸中心になりつつあるようです。
お隣の国が豊かになるということは喜ばしい事ですが、その影響が物価高(卸売り物価)として跳ね返ってきている日本。
当面材料は、上がる要素はあっても下がる要素は皆無だそうです。
小麦粉がそろそろ高くなりそうです。
価格を再度見直す日が来るかもしれません。



長岡ドーム
息子が、「おとう、キャッチボールしよう」、「ボール打ちたい」だって!野球なんか見てもいないのに何故なのか?と妻に尋ねると、アニメ「メジャー」を観ている影響らしい。
私は正月特別番組で初めて知ったアニメだったのですが、これが意外にはまりました。とても面白かった!

私の小さい頃野球アニメは、侍ジャイアンツ、ドカベン、アパッチ野球軍、巨人の星等、たくさんありました。私はこれらを見て野球少年になりました。

「春になったらキャッチボールやろうね。そうだ長岡ドームに連れて行ってやろうか!バッティング教えてやるよ」。
私の脇では、息子が外を眺めながらグローブを付けてイメージトレーニングをしていました。

果たして息子はどのスポーツを選択するのか楽しみです。

変わったシュトーレン
母校の東京製菓学校からのレシピより、「和風シュトーレン」を試作しました。‘美味しそう‘なレシピだったので是非ともお客様に食べて頂きたいという思いがありつくってみました。
地域性を含めたアレンジで、とても美味しく出来上がりましたので、2月の期間限定商品として販売を考えております。(バレンタインデーに合わせて販売いたします)。
濃厚な抹茶風味と、国産にこだわった大納言かのこ、うぐいす豆、京マロン、むらさき芋のペースト、小麦粉も国産(黄金鶴)の純和菓子!
現在、お試しのスライス販売しています。
スライス三枚売り157円(税込み)です。バレンタインデー期間はホール売り850円(税込み)。

おすすめです!
070118_1348~0001.jpg


ベーグルサンド始めます
調理担当から「ベーグルサンドをつくりたい」との声があり、早速試作に入りました。
ベーグルを使って季節を感じさせるサンドイッチがつくれつとイイですね。
この度、試作した中の二品をご紹介します。
1.スモークドサーモンとクリームチーズのベーグル。
2.テリヤキチキンとトマトのベーグル。

サーモンの美味しい季節ですし、最もポピュラーであります。スモークドサーモンは本物の燻製ですのでとても美味しいかと思います。
それと、テリヤキチキンですが、ボントーンのアイテムにはチキンがありませんでしたので、加えてみました。
二品とも近日発売予定でございます。

ずっと前ですが、東京でベーグルが流行った事がありました。本場ニューヨークから日本初出店と騒がれた あの お店に行き食べた事もありましたが、「こんなものか」が感想でしたし、美味しいと思った事が無かったせいか、今まで真剣に取り組んだ事の無いパンです。
パン屋のくせにベーグル知識が皆無の私です。ベーグルの配合も5つしか持っていない中でつくっていますので、今後少しずつ美味しいベーグルになるように工夫していきたいと思います。

スモークドサーモンとクリームチーズのベーグル
DSC00106.jpg

テリヤキチキンとトマトのベーグル

DSC00108.jpg

日々美味しい進化をしていきたいです。

正月ボケ
商売をしていると、盆暮れの線引きが一般的なサラリーマンのご家庭と比べてほとんど無いせいか、私の場合、正月ボケの病にかかった経験がありません。(が、生涯初めて正月風邪をひきました)
正月開けのシフトが早番だったので、体がかったるくてかったるくて!
今日、ようやく平熱にもどり体の痛さも感じなくなり気分良くしています。ランニングは明日からにしましょうか!

我が家のお正月は、毎年恒例家族総出で初詣と決まっています。お天気に恵まれたためか、行列も昨年に比べて多いような気がしましたし、御参り、お札買いに相当時間がかかってしまいました。
多分この時、風邪をひいた原因になったのだと思います。

お正月も終わり、学校も今日から始まりました。皆さんは頭の切り替えは出来ましたか?




美味しいレストランが増えて欲しい
レストランとは、「元気の出るスープ」と言う意味だそうです。フランス革命直後、宮廷お抱え料理番が職を失い、独自で店を出したその{のれん}につけた名前がレストランだそうで。?!
昔は、美味しいパンとあったかーいスープさえあれば、庶民は満足した時代だったのでしょうね。それが革命後、庶民が豊かになっていくに連れ、レストランも宮廷料理を織り交ぜながら進化して現在のフランス料理が生まれたのでしょう。
少々敷居が高いイメージはありますが、歴史を紐解くと意外に親近感が生まれます。日本の御寿司屋さんだって同じような歴史を持っているのですから。ところで、
お正月三が日は、こてこての和料理が我が家の基本です。朝はお餅、
のっぺ汁、お雑煮。昼食は無くて、小腹がすく頃に松前漬けを突付きながらお歳暮で頂いたビールや酒をちびりちびり。夕飯は、今朝の残り物を突付く。そのパターンが三日間続きます。いい加減飽きてしまいます。
妻曰く、「たまには洋食が食べたいね」。と、なかなか珍しい事を言うもんだ、と。そんなこんな話をしているうちに、「アンジェにでも行こうか」。と。アンジェとは、市内の川崎で店をかまえるフランス料理レストランですが、ここの奥さんがつくる手づくりフレッシュパンがとても美味しいのです。勿論、ご主人がつくるお料理もとても美味しい。
いえ、パンが美味しいからお料理を何倍にも惹きたてて美味しくしている、と言ったほうがいいのかも知れません。
パン屋である私の{美味しいレストラン、良いレストランをみわける}定義です。大半が、温め返しのパンを平気で出すお店が当たり前なのです。パン屋としてはとても残念な事です。
本場フランスではパンと料理の相性や、組み合わせをとても重視していますし、何処のお店のレストランでも出てくるパンは、とても美味しいのです。

レストランの原点である、「美味しいパンと元気の出るあったかーいスープ」に回帰したお店がたくさん出来る事を望んでいます。
(そうなれば、ボントーンも少なからず飯の種が増えますし)!!



明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。
数年ぶりに雪無しのお正月だったためか、市内の大型店舗は年明け早々から客足も落ち込まず堅調のようでした。ボントーンは毎年三が日はお休みさせていただいておりますので、残念ながら恩恵を受ける事はありませんでした。生活スタイルが年々変化している現代社会ですので、三が日の営業は当たり前のようになってきて、元日にもかかわらず、お客様から営業の問い合わせのお電話を何本か頂きました。
有り難いことです。
が、正直言って少々複雑な気持ちになります。パン屋の仕事は、深夜の出勤、長時間労働で休みが少なく、その割りに給料だって・・・。
本当にこの職が好きでないと続かない職です。

そんなことで、せめてお正月だけでもと思い、スタッフの骨休めの日に当てています。
個人的には「やるべきなのかも」。と心境は複雑なのでが、スタッフもお客様同様、とても大切です。
そんな事でお正月はお休みさせていただいております。

早いもので本日より通常営業が始まりました。本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。