BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビターチョコレートの季節です。
今、恋をしています。届かぬ恋ですが・。
某テレビ局専属の気象予報士、伴○小○さんです。(本も持っています)
彼女の出る時間は、必ずと言っていいほど(○H○)の天気予報です。
突然の話になりますが、
忘れもしません!数ある恋物語の中で、史上最大の恋の話です。
僕が高校生だった頃、通学時間帯を同じくする、某女子高生に恋をしたことがあります。毎日会う度に、引かれていきまた。どちらが先に声を掛けたか、掛けられたか?「はよーっ」!彼女は何時も「お辞儀」でした。

意を決し僕は、恋文をカバンに忍ばせ「明日決着だぜっ」と。
恋文は、僅か3~4行だったことを今でも憶えています。(古き良き昭和の時代ですねー!)

向こう側から彼女が、「来たーっ」!
胸が張り裂けてしまい、即死状態だったことを憶えています。無我夢中でした。いざ、彼女を制止して・・・。

何を言ったかは忘れてしまいましたが、カバンから取り出した恋文を渡しました。(いいえ、渡したつもりでした)
仕事を終えた僕は颯爽(さっそう)と‘いざ学び舎へ‘・・・。と行きたかったのですが、何か‘違う‘違和感を覚えました。瞬間にカバンを探ると、「なんてこった」!。
渡したはずの恋文が・・・あるじゃーないですか!

振り向けば、彼女は、分厚い本を持って、大きな口を開けていました!

こんな場面に、{仕切り直し}なんてあろうハズも無し。
彼女は、僕に渡された国語の教科書を「どうしたらいいのかしら」・・・?

晩秋のニガーイ思い出でございます。
この事件は、事の経緯をしっかりと見ていた僕の親友Y君によって、{国語教科書事件}となづけられたのでした。






スポンサーサイト
器(うつわ)
先のボクシング世界選手権では、挑戦者サイドが、現時点において自らの器を過信した結果、前代未聞の結末となりました。
自分自身の器とは、いったいどの程度のものなのだろうか?
器を考えるということは、とても大切な事なのではないでしょうか。
まぁ他人の話はともかく、
自らも最近、このことを真剣に考え、自問自答を繰り返しています。
周囲からちやほやされ、我を失い、自身過剰となり、力以上の物質や地位、名声を求めることなど。人間の欲望とでも言いましょうか。

以前から思っていることですが、「自分は人の上にたつような、器ではないのでは」?、「商品開発が上手くいかない」時があったりとか、人を動かすことが苦手であったりとか、売上を伸ばせないとか・・・。

正直、最近へこんでいる私。
ごめんなさい!愚痴になってしまいました。今日は、これが精一杯の文章です。

















新潟産和牛 牛筋肉カレー登場!
フランスパン生地は、お惣菜と合わせるととても相性が良い生地なのです。只今、メゾンカイザートラディショナル(小麦粉の銘柄)でつくりました、フランスパン生地で様々なフォカッチャをご紹介しています。
先週より、新たに新潟産和牛の筋肉(すね肉)を使用した、「新潟和牛の牛筋カレーのフォカッチャ・315円」が登場!
せき要肉店さんから調達した、新潟和牛のすね肉を、ダッチオーブンでコトコトと煮込んでつくった自家製カレー。たっぷりとフランスパンの生地に流し込んで焼いた「自慢の逸品」です。
その他のフォカッチャ同様、1日に何回も焼いていますので、見つけたら、買ってくださいね!美味しさ●保障●㊞

DSC00882.jpg



どんぐり拾い
息子と女房を連れて、悠久山に「どんぐり拾い」。僅か2時間程度の‘この時間‘は楽しかったー!。
息子は、自然が大好きで、最近では植物に興味津々、あらゆる植物の「種」やら何やらを集め、図書館に行って本を借りては、育てています。
小学校二年生なのに「変なやつ」!。と、私と女房。

たくさんのどんぐりを拾いながら、一方では細くて小さい蛇をつかんだり、カナヘビがいっぱいいたので、たくさんゲット!。女房曰く、「小二の子が二人もいるー」。ってさ!
そりゃー真剣になるさ。男だもの。

もみじは、やや色づき始めていました。晩秋一歩手前の悠久山を是非訪れてみてはいかがでしょうか!。






今日は疲れたー!
ここ数年の話です。原料の高騰は、パン業界にとって非常に厳しい!
主原料となる小麦は、今年の4月から入札制になりました。バイオ燃料推奨の国家方針、輸送コストの増加、オーストラリアの大干ばつなどなど。
価格高騰の材料はたくさんありますが、下がる余地となると、今のところ皆無です。
ご存知の通り、ここ日本国は、輸入で成り立っています。お金があり、物が買えるうちは良いでしょう。が、
世界的な貧困は、より一層進むに違いありません。

人々が化石燃料を大量に使ってきた事、すなわち「地球の温暖化」が、その化石燃料を使ってきた結末が、と言う事を想定しているに過ぎないのに!。(個人的意見ですが)

「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、よく言ったものです。悪循環とでもいいますか?。
当店でも、価格改定を考えざるを得ません。
今日は、価格が決まりませんので、もう寝ます。

そうそう、今日オーヴンのメンテナンスがありました。
頼もしい、僕の大好きな「機械の技師」が一年ぶりに!
ドイツオーヴンサイコー!
DSC00885.jpg

頼りにしている技師は、丸一日、当店オーヴンと格闘していました!
有難う。ジャーニー!