BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン屋のもちもち饅頭
米粉を使ったパンは今では珍しくなくないのかも知れません。小麦相場が高騰してきたせいで、
コスト面で相対的に割安感が出てきた米粉。
しかしながら、やはり㌔単価はまだまだ高い米粉であります。

「米粉パンありますか」?の問い合わせが何時になく多い昨今です。当店では、「未だに」と言いますか、米粉パンは販売しておりません。理由は?と聞かれますと、「やっぱりパンは小麦粉が美味しい」!お米は、「炊飯したほうが美味しい」!と答えています。
そもそも米粉の開発動機は、(余剰米=お米を食べなくなった日本人)にあります。
「欧米か」!。
小麦粉には、グルテニン、グリアジンといったタンパク質が含まれています。これが水和と酵母の力で
パンが膨らむのです。一方、
お米は、タンパク質をほとんど含んでいない為にそのまま粉にしてもパンにはなりません。
結局、人為加工した粉を作り上げなければ米粉によるパンは出来ないのです。だから高価な材料になるのですが・・・。

世界的に穀物相場の高騰で餓死者が激増しています。日本が誇る米粉の開発は、もしかしたら餓死者を減らす重要なコンテンツとなるかも知れません。前にも述べたとおりにコストがかかる米粉です。
クリアしなければならない事はたくさんありましょうが、国内需要だけに頼らず、積極的な輸出を考え、行動に移していかねばならない時期なのかも知れませんね。減反、減反ではなく!

前置きが長くなりましたが、当店では、先月から米粉ならぬ、「もち米粉」入りのパン?正確には饅頭とでも言うのでしょうか、酵母は使わず、BPで膨らました商品を並べています。
1、インドカレー饅頭
2、中華饅頭
3、エビスカボチャ饅頭
いずれも95円で販売しております。思いのほか売れている為に近く、イチゴ大福風饅頭を予定しています。
もちもちの食感はまるでお饅頭。
是非ともご賞味あれ。






スポンサーサイト