BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界戦に物申す
長岡祭の大イベント、大花火大会が開演しました。昨日、今日、そして明日に渡り、勇壮な花火が人々の心に勇気と希望を沢山与えてくれることでしょう。
最中、プロボクシング世界タイトルマッチが横浜アリーナでありました。TBSテレビ局はこの世界戦開始を1時間以上に渡り番組を引っ張り、異常なまでの熱の入れよう。私は小学校からのボクシングファンです。
題して、「世界戦に物申す」。
日本の歴代世界チャンピオン、そして世界クラスの名チャンピオンを数多く見てきた一人として。

先ず勝敗は?素人を含めて誰が見ても、3対0で勝者はベネズエラ人であったはず。しかし結果は2対1のスプリット判定。しかも勝者は日本人。驚きである。かつて無い、信じ難い判定結果に正直、憤りを感じています。力の差は歴然とした内容の試合でした。特に初回、右フックが日本人の頬やや下に決まった直後、日本人は耐えられず、ノックダウンしてしまいました。あのフック、決してストロングパンチではなかった。以降最終回まで、何故ベネズエラ人は本気で倒しに行かなかったのだろう?(行けなかったのか)?
もし、倒しにいけなかったとするなら、このクラス(ライトフライ?)は、たいした選手がいない層の薄いクラスなのでしょう。

すいません。話が2日に渡りそうです。

断っておきますが、私は日本人でありますので日本人選手を応援します。ですが、それ以上にボクシングファンとしてフェアーな試合を観たいのです。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/143-5eb7127d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)