BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

for a change
ここ数日、肉体的、精神的にややきつく(夏ばて?)、本日(土曜日)良いタイミングで頂いた休暇になりました。スタッフの皆さん有難うございました。午前5時起床、6時30分、蒼紫神社参拝、(もろもろの祈願)をしてその後、悠久山公園内を気持ちよく約50分ランニング。、生秋刀魚(昨夜の残り物)を朝食に頂きました。

娘と交わした夏休みの約束、「糸魚川に行って、ヒスイ採り、指きりげんまん嘘ついたらはりせんぼんのます、指きった」。夏休みの宿題、ようやくはたせました。

行ってきました。糸魚川に!マイカーを使い、米山インターからハイウェイーに入り、親不知インターで降りました。鮮魚センター下の海岸で娘と妻はヒスイ探し。僕と息子は、石ころ投げ!波乗りする石ころが水面で何バウンドするか、の遊びです。結構真剣勝負。でした。

その後、車で糸魚川のフォッサマグナミュージアムに!地球誕生から現在までの生い立ち!(子供達も本当に興味津々真剣でしたよ)。地球最初の地殻、(25センチ位の大きさの石)には感動しました。子供達も本当に真剣にそして楽しそうに館内を観て廻っていました。

そんなこんなで、閉館間際の時間になってしまいました。
娘が青海町の海岸でヒスイらしき?石を採ったので、ミュージアムで鑑定してもらいました。結果は・・・?何とビックリ。
「ヒスイの可能性が大きいですね」。直径2センチ程度の石ころです。鑑定士曰く、一部、粉砕しなければはっきりと分からないけれど、重さと色からヒスイの可能性が大きいでしょう」。との鑑定をもらいました。本人よりも僕ら夫婦のほうが驚き、嬉しいやらなんやら!

仕事をわすれて(意識的にわすれようとしていたのかもしれませんが)、とても良い1日が過ごせましたし、リフレッシュ!!

鑑定してもらった石ころです。
DSC00769.jpg


フォッサマグナミュージアム館内にて
DSC00764.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ヒスイの見かた
行ってきましたか! 良いよね糸魚川。 うちの三匹は姫川で裸で泳いでますよ、そのまんまローカルなやつらです!(注意、よく知っている地元の人と行く事)
ヒスイ原石やりましたねー。暗い所で小さなペンライトを当て中から光を通しているようでしたらヒスイです。 子供と一緒にやってみてください。
美山にあるホッサマグナミュージアム、よくぞいらしてくれました。
【2006/09/10 20:48】 URL | Ryoji #- [ 編集]


ヒスイGETおめでとう!!!
フォッサマグナミュージアムも楽しそうですね。
うちの娘がもう少し大きくなったら連れて行ってあげようかな。
【2006/09/11 10:24】 URL | 弟子夫婦 #- [ 編集]

瑠璃色でした
海が瑠璃色でした。同じ新潟県の海なのに。地形で海の色も違うのかな?
フォッサマグナミュージアムは(お気に入り)に追加!。スタッフの皆様がとても親切でした。ヒスイの鑑定には20分くらいかかりましたが、親切丁寧に説明してくれましたよ。
受付のおねえさんの件、3人いましたがそのうちのお一人、とても僕好みでした。
是非、調べてもらいたいものです。個人情報を!
ジョーダンですよ。ジョーダン。
Ryoji君へ
【2006/09/11 21:13】 URL | bonton #- [ 編集]

キャンプも出来ますよ
フォッサマグナミュージアムに隣接してキャンプ場もあります。地形上すぐそばには海もあり家族で楽しむには最適かもしれませんよ!糸魚川と聞くと「遠い」イメージがありますが、行ってみれば意外と近くて旅の疲れは皆無。パン屋でもOKです。
何十年ぶりかでおとずれた糸魚川でしたが、海はやっぱり瑠璃色でした。
是非、家族でいってみよー。
たまにはオンとオフも必要ですよ。
あおるつもりは無いけれど、「オンとオフバランスよくがんばってくださいね」!
弟子夫婦さまへ
【2006/09/11 22:20】 URL | bonton #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/162-a51c08c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)