BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の広場
悠久山公園内、池のほとりの屋根付きベンチ。そこは時折音楽の広場になります。
アコーディオンの音は、秋にぴったり哀愁の音色。「巴里の空の下」
「サンタマリア」「森の熊さん」、などなど曲名は分からないけれど聞いたことのある曲がメドレーで。
池の周りを走る私は、いい気分で走れます。
週に何度か会えるアコーディオンおじさんの生演奏です。パリの地下鉄で聴くアコーディオン演奏とは比べ物にならないほど上手い!
特に「巴里の空の下」は大好きな曲。フランスへ行きたいねー!今頃のパリはいいだろーなー!なんて思いながら走る。

またある日は、詩吟。父が昔習っていました。分からん私には何とも表現しがたい音です。こちらは女性が歌っています。

いずれも秋にぴったりしっくりと心に響き、聞きながら走っている私は、「お金払わないでいいのかな」なんて考えてしまいます。

明日は会えるかなー?

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

bontonさん、こんばんは。
田舎のアコ弾きと申します。
あなたのブログのアコーディオンおじさんは多分私の事だと思います。
本日何気なく「悠久山」で検索したらこのサイトにたどり着き、「あっ! 私の事だ!」とびっくりしてしまいました。
> 明日は会えるかなー?
申し訳ありません。私は仕事のない日曜日くらいしかいけませんので・・・
今度、お会いいたしましたら、是非声をかけてください。
【2006/09/24 22:18】 URL | 田舎のアコ弾き #- [ 編集]

びっくりしてしまいました
まさか、ここでお会いできるなんて夢にも思いませんでした。まずはアコーディオンおじさんなる文言、誠に失礼致しました。(反省) 
とても好きなアコーディオンの音色。ちょくちょく聴かせて頂いております。商売柄フランスへの憧れがあり、たまにですがふらりと行ってくることがあります。勿論オンビジネスで。特にシャンソン!これは最高です。街角で聴くアコーディオンも日本文化には無く、初めて聴いた時はカルチャーショック!とてもいいものです。(上手い人と下手な人がいますが)
パンを通して様々な分野に興味が広がりました。
今度お会いしたら是非お話が出来ればと思います。今日はとてもうれしい!
*わがまま。 オーシャンゼリゼ 太陽がいっぱい
が聴きたいです。
【2006/09/25 21:36】 URL | bonton #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/171-66c537c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)