BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点回帰
先日(29日)は定休日を使って、お客様とふれあう恒例のパン教室でした。
今回の参加者は五名様。ゆったりとした雰囲気で「和風シュトーレン」をつくりました。
long time no see だったYSさん、久しぶりにご参加をして頂き、うれしかったー!。
また、初参加の方がおられました。3月のパン教室もどうぞご参加くださいね!。
さて、和風シュトーレンですが、このシュトーレンは抹茶味。中に栗やら小豆やらうぐいす豆
、さつま芋といった和の素材でつくっています(2月販売予定)。
シュトーレンと聞くと「難しいーっ」と思うでしょーっ!
以外や以外、ご家庭でもとっても美味しく、美しくつくれるんですよ。(材料の調達が最も
難しいのかも)。ご参加頂いた皆さん!是非チャレンジしてくださいね!。
昼食用に焼いた‘無塩パン‘!失礼しました!。

パン教室終了後、お得意先からご注文頂いていたサンドイッチづくりにとりかかりました。つくっている間、
不思議なもので、電話に出ればまたサンドイッチの注文が。
こちらのご注文は「二人前のサンドイッチをつくって欲しいのですが、つくっていただけますか?」とのこと。また、「とても、とても大切な私どものお客様が東京にお帰りになります。こちらの気持ちが伝わるよう、喜んで頂けるようなサンドイッチをつくって欲しいのですが」。といったご注文でした。

本日早朝、ご注文頂いたサンドイッチをお渡し致しました。
「気持ちが伝わるよう、喜んで頂けるようなサンドイッチを」。
ともすれば、日常の仕事で忘れがちになる商売の原点に回帰出来た言葉でした。
まして、そのような大切なご注文を頂いた有り難さは・・・。

お客様とは、とても有り難いものです。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/279-11e0f8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)