BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロワッサン
クロワッサン、おいしさの秘訣!
「オイシイー」。初めてフランスを訪れ、パン屋で買ったクロワッサンを食べた時の感動は、今でも鮮明に憶えています。
軽快な歯ざわりから始まり、じわーっと甘みが口いっぱいに広がり、5分たっても余韻が残る。(極端か)甘みとは、生地の甘みではなく、バターの甘みです。

結論から言いますと、フランスのバター(乳製品)はとても美味しいという事。したがって、バターをタップリ使うクロワッサンやブリオッシュは美味しくて当たり前なのです。
残念ながら、日本でつくられているどのメーカーのバターもフランス産にはかなわないでしょう。
ボントーンでは、明治発酵バターを使ってクロワッサンをつくっています。どうしてフランス産バターを使わないのかって!?
関税がとてつもなく上乗せされてしまいます。(多分、日本の生産者を保護する為だと思います)。この長岡の地でクロワッサン1個に180円~250円出して買ってくださるお客様がおられれば使っても、とも思いますが・・・明治発酵バターはフランスのバターに一番近い芳香を持っているバターだと思って使っています。

明日、クロワッサンを買われるお客様、この記事をイメージして食べるときっとあなたは、心の中のパリへタイムスリップ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/39-6cb527f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)