BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき
野球人生を演じる名優
こんな考え方をしてみました。
もしもイチロー選手がシーズン中の「クール」なイチロー選手であったなら、WBCで日本チームは、果して優勝出来たか。

元来、人は、大なり小なり二面性を持っているものだと思います。勿論、イチロー選手も。
「クール」と「無邪気」を持ち合わせたイチロー選手は、何故かこの時、「無邪気な野球少年」を演じました。純粋に!
その「無邪気さ」は、日本チームへ大きくプラスに作用したように思います。
日本プロ野球スター対メジャー・イチロー。大きな垣根です。垣根を取り除くには、イチロー選手自ら、溶け込まなければならないと感じたのかもしれません。

各国が、選りすぐりの選手を集めたチームであります。大体、このようなチーム環境になると、一つにまとまらないのが実情のようです。

イチロー選手が意識的にであれ、純粋にであれ、「無邪気な野球少年」を演じた事は結果的に、日本チームを世界一に導いた大きな原動力となった事は疑いの無い事実です。

イチロー選手のファンならば誰もが思い出したことでしょう。デビュー当時のイチローを!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/77-311161d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)