BonTon通信
長岡のパン屋 「ラ・ボントーン」の パン職人の日記です。
プロフィール

bonton

Author:bonton
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のTB

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミキサーのお話ついでに
ミキサーのお話ついでに、ボントーンのオーブンのお話。
現在ボントーンで使っているオーブンは2台あり、一つは電気オーブン4段式、もう一台は、ガスオーブン4段式でいずれもドイツ製オーブンです。

7,8年前ミュンヘンで行われた世界最大の製菓製パン機械博に行った時、「次はこれにしよう」と決めたオーブンです。
国産オーブンと比較すると、スチーム(蒸気)の粒子が非常に細かく(数値は忘れましたが)室内密閉度が良いという事、石釜であるという事。そして何よりもオールステンレス(304)、とても純度の高いステンレスで腐敗しないことが決めて、になりました。

以前ある国産オーブンを使っていましたが、毎日使うスチームに耐え切れず、腐敗が早く進んだ経験があるために、頑丈なドイツオーブンに惹かれたのだと思います。

だけど、どんなに良い機械を入れたとしても、使いこなす技術がやっぱり必要です。
毎日安定した良いパンを焼く心構えで焼かねば宝の持ち腐れというものです。
忘れてはいけない心構えですね。

最近注目を集めている石綿(アスベスト)問題。ヨーロッパのオーブンは20年前より石綿は使用しておりませんので安心してパンを焼く事ができます。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

そういえば、新しいオーヴンが入ったと聞いていたのに、見ていませんでした。
四段が二台ともなると、もう少し自分の腕が何本かほしいときが
あるのでは???
オーヴンというと、働いていたときのこと思い出します・・・。
食パンを出そうとして、手がすっべって、でもパンを落とさないために
腕で型をキャッチした姿を・・・・。
今でも、やけどをするたび、しそうになるたびに思い出す、出来事です。
【2006/05/09 11:49】 URL | 弟子夫婦 #- [ 編集]

焼が一番難しいですね
国産であれ、ドイツ製であれ、焼が一番難しいですよね。
新しいオーブンは、4段式ですが、3段しか使っていません。
電気容量が無いからです。もったいない話です。
火傷は避けたいものです。あれは相当痛いし終生残りそうな痣になりますからね。
【2006/05/09 16:55】 URL | bonton #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonton.blog36.fc2.com/tb.php/96-e9c4c43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)